松本太一録

βグルカンが豊富な大麦(押し麦)を使った便秘解消レシピ

βグルカンが豊富な大麦(押し麦)を使った便秘解消レシピ

大麦にはβグルカンと呼ばれる水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。βグルカンは腸の中で便秘解消に役立つ効果を発揮します。

腸内の善玉菌を増やす


大麦に含まれるβグルカンは腸にいる善玉菌の栄養源になります。大麦を食べることで善玉菌が増え、悪玉菌の増殖が抑えられることで便秘解消が期待できます。

腸内環境を整えて大腸がんを予防


ここ30年間、がんで亡くなる方は増え続けています。現在、女性のがんにより死亡率が一番高いがんは「大腸がん」です。

男性でも第4位に位置しています。大腸がんの原因で一番多いと指摘されているのが食生活です。

一般的には近年の食生活の欧米化が原因と言われていますが、なぜ欧米化の食事が大腸がんになりやすい傾向があるかといえば、食物繊維不足による便秘が挙げられます。

便秘によって便が腸内に留まる時間が長くなればなるほど大腸に負担がかかり腸内環境が悪化します。

大麦に含まれるβグルカンが腸の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる効果は、大腸がんの予防になると言えます。

大麦を使った便秘解消レシピ


大麦だけでも便秘解消効果が期待できますが、ヨーグルトと一緒に食べることで便秘解消効果がさらにアップします。

大麦ヨーグルト,レシピ,感想,レビュー
  1. 大麦を茹でる。
  2. 茹で上がったら水道水で洗い、ぬめりを取る。
  3. ぬめりを取った大麦をミキサーにかける。
  4. ミキサーにかけた大麦をヨーグルトと混ぜれば完成。

まとめると!


大麦に含まれるβグルカンは腸内善玉菌の増殖を促進することで便秘を解消し、大腸がんの予防効果が期待できます。

日頃白米を食べている方は、押し麦などを混ぜた麦ごはんや大麦ヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか。てはいかがでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top