松本太一録

新たなRSSリーダーとしてFeedlyをオススメする3つの理由

新たなRSSリーダーとしてFeedlyをオススメする3つの理由

RSS
みなさんはどのようにしてインターネットから情報収集していますか?僕は気に入ったサイトをお気に入りに入れておくのではなく、RSSを購読するようにしています。

お気に入りに登録したサイトにアクセスするには、わざわざブラウザを開きサイトにアクセスしなければなりません。一方、RSSを購読すれば、わざわざサイトにアクセスせずにパソコンもしくはスマートフォンで更新情報を知ることができます

この記事をご覧の方の中にもRSSを情報収集手段の一つとして使用している方もいらっしゃるかもしれません。どのRSSリーダーを使っていますか?僕はgoogleリーダーを使っていました。

しかし、残念なことにgoogleは2013年7月1日をもってRSSリーダーサービスを廃止することを発表しました。Androidにはgoogleリーダーのアプリがあり、パソコンで登録したRSSをスマートフォンでチェックする習慣のある僕にとっては、とても悲しいニュースであり、他のRSSリーダーに乗り換える必要性に迫られています。

Feedlyという選択肢

Googleで「RSSリーダー」というキーワードで検索するとたくさんのRSSリーダーがヒットしてしまい、どれを使ったらいいのか迷ってしまいます。RSSをスマートフォンでチェックする習慣のある僕にとっては、Androidアプリがあることが条件。調べた結果、「Feedly」というRSSリーダーが僕の条件にマッチしそうです。Feedlyのホームページはこちら

理由1:トップページのデザインがクール!

Googleリーダーが廃止されるのでFeddlyに鞍替え
トップページにアクセスした瞬間、このサイトを使おうと決意しました。デザインがクールだったからです♪今思えばGoogleリーダーの管理画面は無機質というか事務的というか、決してクールだとは言えないデザインでした。デザインがクールなだけで閲覧する回数が増えそうです。このことは僕のブログ運営にもあてはまること。訪れてくれる方々のために見やすいブログ作りを心がけたいと思います。

理由2:Androidアプリが用意されている

先ほどから何度も述べていますが、ちょっとした時間を情報収集に充てるためにはスマートフォンを使わない手はありません。Googleリーダーに対してはいくつかのアプリがありますが、Feedlyにもアプリが用意されています。feedlyアプリのダウンロードサイトはこちら。このアプリもデザインがクールです。

feedlyのデザイン

理由3:GoogleリーダーからのRSS購読ファイルのインポートが不要

Feedlyを使い始める前にNetvibesというRSSリーダーを試してみましたが、使いにくかった上に、GoogleリーダーのRSS購読ファイルをインポートする必要がありました。(GoogleリーダーのRSS購読ファイルを抽出する方法はコチラ

一方、Feedlyは初期画面の「Connect to Google Reader」をクリックするだけでGoogleリーダーと同期できてしまいます。ただし、RSS購読ファイルをインポートしたのか、ただ単に同期したのかはわかりません。もし単に同期しただけなら7/1以降のRSS購読は止まってしまうことに。そうならないことを祈ります。

こんな不便な点も

以前使っていたGoogleリーダーのアプリgReaderはRSS配信を定期的にスマートフォンの最上部バナーに表示してくれていました。しかしながら、Feedlyアプリはどうもその機能がなく、RSS更新を閲覧するためにはアプリを起動する必要があります。設定によっては通知できるのかもしれませんが、現在は設定をいじってはいません。

まとめ

  • デザインがクールで閲覧意欲が湧く
  • Androidアプリが用意されている(無料)
  • GoogleリーダーのRSS購読ファイルをインポートする必要がない
  • Feedlyアプリは更新の通知は行わない(設定できるのかもしれませんが)
Googleリーダーのサービスが廃止されるというニュースに一瞬戸惑いましたが、Feedlyのおかげで今後もスムーズに情報収集ができそうです。僕と同じようにGoogleリーダーを使っていた方は、どのサービスを利用しますか?もしまだ決まっていない方はFeedlyはオススメです。また、今までRSS購読をしたことがなかった方もこれを機にRSS購読を始めてみてはいかがでしょうか。情報収集の効率が飛躍的にアップしますよ♪

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top