松本太一録

ruscello(ルシェロ)の歯ブラシP-10Mをオススメする3つの理由

ruscello(ルシェロ)の歯ブラシP-10Mをオススメする3つの理由

どんな歯ブラシを使っていますか?僕のオススメは、断然ruscello(ルシェロ)p-10mです。ruscello(ルシェロ)p-10mの良い点・悪い点を口コミします。

歯ブラシruscello(ルシェロ)p-10m

歯と歯の間・歯の裏側・奥歯がよくみがける

歯ブラシruscello(ルシェロ)p-10m

上の写真からわかるように、先の方に毛が密集していて、さらに山切りカットになっています。この密集山切りカットが歯と歯の間にフィットします。

他にも山切りカットの歯ブラシはありますが、どれもブラシ全体が山切りカットになっていますよね?ルシェロp-10mはひとつだけです。僕の観点からすると、山がたくさんあると全体がフィットしてくれると思い込んで、歯と歯の間を真剣に磨きません。山がひとつだと、そこに集中できて、しっかり歯と歯の間をみがけます。

単独密集山切りカットのおかげで歯の裏側、特に前歯の裏側がすごくみがきやすいです。歯の裏側に意識を集中できて、ツルツルに磨き上げることができます。この時に注意してほしいのは、「決して強く押し付けない」ということ。なぜかというと、強く押し付けてしまうと毛先が寝てしまって、山切りの力を発揮できないからです。

同じ原理で奥歯もすごくよくみがけます。奥歯の奥って意外とみがき残しが多いところです。単独密集山切りカットが奥歯の奥にフィットして、みがき残しを防いでくれます。奥歯の奥に食べカスが残ると口臭の原因にもなるので、しっかり磨いておきたいですね。

持ちやすいフォルム

歯ブラシruscello(ルシェロ)p-10m

最初の画像からもわかると思いますが、持つ部分が流線型というか滑らかな曲線になっていて、持った瞬間手になじんでくれます。

これを使い始めるまでストレートタイプの歯ブラシを使っていましたが、これに代えてからストレートタイプが持ちにくくてしかたありません。

カラーリングがかわいい

歯ブラシruscello(ルシェロ)p-10m

ルシェロの歯ブラシはカラーリングがかわいいです。左のグリーン×ネイビーが僕ので、右のピンク×ネイビーは奥さんのです。他にも色んな色があるのでルシェロのホームページをチェックしてみるといいですよ♪(ルシェロのホームページはコチラ

購入方法

僕は普段お世話になっている歯科医院で購入しています。残念ながらスーパーで見かけたことはありません。もしかしたらドラッグストアには売ってるかもしれません。お近くのドラッグストアを探してみてください。どうしても使ってみたいけど、どうしても見つからないという方は楽天でも買えるみたいです。

デメリット

ルシェロの歯ブラシは細かいところを磨くのには非常に適しているんですが、平面を磨くのには不向きだと感じます。歯の平面もそうですが、舌を磨くのにも不便を感じます。どうしても平面を磨きたいときは、「Ora2ステインクリア」を使います。

Ora2ステインクリア

Ora2ステインクリアは平面カットなうえに、毛先がなんかフワフワしてて、平らな部分の汚れをしっかり磨いてくれます。

まとめ

メリット

  • 歯と歯の間・歯の裏側・奥歯がよくみがける
  • 持ちやすいフォルム
  • カラーリングがかわいい

デメリット

  • 平面を磨くのには不向き

歯ブラシは目的によって使い分けるといいかもしれませんね。

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top