松本太一録

福岡市赤坂のカフェ「とねりこ」のランチで癒された

福岡市赤坂のカフェ「とねりこ」のランチで癒された

今回は福岡市赤坂にある「とねりこ」に行ってきましたのでレポートします。



福岡市赤坂のカフェ・とねりこ
「キラキラカフェとねりこ」はけやき通りの路地を少し入った坂の中腹にひっそりと門を構えています。白を基調としたエントランスが僕達を出迎えてくれます。ナチュラル調でホッします。

福岡市赤坂にあるカフェ・とねりこ
僕達夫婦が店を訪れた13時ごろはお店は満席。みんな癒しを求めてとねりこに来てるんだな~。店内は木のぬくもりを感じる癒し空間。大きな窓から緑でいっぱいの庭を臨むことができます。

。ランチは「とねりこランチ(¥1,370)」と「マルシェランチ(¥950)」の二種類。今回は、内容が豊富な「とねりこランチ」を注文することに。

とねりこランチ
こちらが「とねりこランチ」。上の写真左上が7種類の惣菜が一気に乗ったプレート、右上がプリプリごぼうの薩摩揚げ。麦や枝豆、赤米なんかが入った雑穀米とお味噌汁。

7種類の惣菜はどれも素材の味を生かしたあっさりとした味付けです。この中で一番気に入ったのは「車麩のカツ」。衣は厚めで、ザクッとした噛みごたえ。中はしっかり味付けされた麩(きっと煮てるんだと思います)がトロットロにとろけています。今まで出会ったことのない食感に感動しました。

プリプリごぼうの薩摩揚げは、想像していたよりも硬く、魚のすり身というよりも鶏のムネ肉の肉団子のような食感。でも魚の香りはしてたので不思議でした。ごぼうがプリプリだし、かかっていたアンがまた美味でした。

下の写真はデザートの「豆乳のブラマンジェ」(だったかな?)。鼻に抜ける豆乳の香りがグットです。上に乗せられた生キャラメルとの相性がバッチリ。

まとめ

とねりこを訪れたのはこれで2度目ですが、前回と同様、すっかり癒されました。癒されすぎて食べ終わったあと、奥さんを置いて眠りの中へ(笑)。

「車麩のカツ」はとても気に入りました。麩という食材はおすましにしか使わないものだと思ってましたから、カツの具材にもなるとわかったときは驚きでした。

個性的で健康的な食事と癒しを求めて「キラキラカフェとねりこ」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

地図

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top