松本太一録

意外と簡単!エクセルで箱ひげ図を作る方法

意外と簡単!エクセルで箱ひげ図を作る方法

箱ひげ図(はこひげず、箱髭図、box plot)とは、ばらつきのあるデータをわかりやすく表現するための統計学的グラフで、色んな分野で利用されています。細長い箱と、その両側に出たひげで表現されることからこの名が付いたようです。ここではExcelで箱ひげ図作る手順を解説します。

箱ひげ図用のデータを作る

例題を使って解説していきます。まず下記のデータをエクセルにコピー&ペーストしてください。エクセルに貼り付ける時は「テキスト」として貼り付けてください。(右クリック→形式を選択して貼り付け→テキスト)

(例題)
gene A gene B gene C gene D gene E
HL-60 17.0 20.1 17.9 13.7 12.6
MOLM-13 17.3 22.5 17.2 13.9 13.5
THP-1 17.3 23.0 17.9 13.9 13.9
U937 16.2 21.6 17.1 13.5 12.9
MEG-01 17.2 22.1 17.2 14.0 13.4
K562 16.7 24.9 17.0 13.6 13.9
Jurkat 16.5 20.2 18.2 13.5 12.6
MOLT-3 18.7 24.0 19.1 14.2 13.1
Raji 18.1 22.8 17.7 13.7 12.1
U266B1 16.7 22.0 16.3 14.3 13.2
MOLP-8 17.6 22.1 16.8 14.5 14.0
RPMI8226 17.8 21.2 17.6 14.6 14.3

Quartile

このままだと箱ひげ図を作ることはできません。箱ひげ図用にデータを加工する必要があります。エクセルに下記の項目を入力しましょう。
  • 最大値
  • 75%
  • 中央値
  • 25%
  • 最小値
エクセルで箱ひげ図を作る方法

これらを計算するために、「Quartile」という関数を使います。数式>その他の関数>統計>QUARTILE.INCをクリック。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

数値を選択するウインドウが出てきますので、計算したい数値の領域を指定してください。

「戻り値」の入力を忘れないように。0~4を指定することで以下の数値を計算してくれます。
  • 4→最大値
  • 3→75%
  • 2→中央値
  • 1→25%
  • 0→最小値
エクセルで箱ひげ図を作る方法

同じように、75%値、中央値、25%値、最小値を計算してください。

B2~B13にあるデータから箱ひげ図を作りたい場合は、それぞれのセル内は以下の様な式になっているはずです。

最大値=QUARTILE.INC(B2:B13,4)
75%=QUARTILE.INC(B2:B13,3)
中央値=QUARTILE.INC(B2:B13,2)
25%=QUARTILE.INC(B2:B13,1)
最小値=QUARTILE.INC(B2:B13,0)


(この表の中の「=」は全角で書いているので、このままコピー&ペーストしてもうまく計算されません。もしコピー&ペーストして使う場合は「=」を半角に書き換えてください。)

計算がうまくいっていたら下記のような数値になっているはずです。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

さらにもうひと加工

箱ひげ図を作るにはもう一段階、データを加工する必要があります。

エクセルに下記のように入力してください。
  • 最大値-75%値
  • 75%値-中央値
  • 中央値-25%値
  • 25%値
  • 25%-最小値
エクセルで箱ひげ図を作る方法

これはただの引き算です。うまく計算できていたら下記のような数値になっているはずです。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

これで箱ひげ図を作るためのデータ整理は完了です。

グラフを作る

75%値-中央値、中央値-25%値、25%値のデータを選択し、挿入>縦棒>積み上げ縦棒を作ります。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の画像のようなグラフができるはずです。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

グラフ上で右クリックし、「データの選択」をクリックします。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の画像のようなウインドウが出てきます。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

まず、グラフをみてください。

25%値
中央値-25%値
75%値-中央値

となっていますよね。

これを出現したウインドウ内の「▲」「▼」を使って、

75%値-中央値
中央値-25%値
25%値

の順に並び直してください。

うまく並び替えられたら、下の画像のようになるはずです。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

色を変更する

グラフの緑の部分で右クリックし、図形の塗りつぶしボタンをクリックした後、「塗りつぶしなし」を選択しましょう。下の画像のようになりましたか?青、赤の部分もお好みで色を変えてください。ここでは色を変えずに進めます。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

エラーバーを表示する

グラフの青い部分をクリックします。その後、レイアウト>誤差範囲>その他の誤差範囲オプションをクリック。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の図に示したように選択してください。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の画像のようになりましたか?(見づらかったので縦軸目盛線は削除しました。)

エクセルで箱ひげ図を作る方法

さて次は下のエラーバーを表示させます。先ほどと同様に、赤い部分をクリックし、レイアウト>誤差範囲>その他の誤差範囲オプションをクリック。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の図に示したように選択してください。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

数値を選択したら、下のような表示になりますので、赤枠で囲ったボタンをクリックするか、Enterキーを押してください。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

そうすると、下の画像のような表示になりますので、OKをクリックします。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の画像のようになりましたか?

エクセルで箱ひげ図を作る方法

横軸を指定する

横軸が1, 2, 3, 4, 5となっていますよね。ここを変更しましょう。

横軸をクリックしてから右クリックします。メニュー内のデータの選択をクリックします。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

下の画像のようなウインドウが出ますので、「編集」をクリックします。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

表示すべき項目を選択します。

エクセルで箱ひげ図を作る方法

OKをクリックします。箱ひげ図の完成です!

エクセルで箱ひげ図を作る方法

あとは、グラフ右側の凡例項目を削除したり、縦軸にラベルをつけたりして微調整してください。

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 12 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. Just do me a favor and keep writing such trecnhant analyses, OK?

  2. 大変わかりやすく説明していただいてあり すぐに箱ひげ図を作ることが出来ました。ありがとうございます。
    ご教授頂きたい事があり、コメントさせていただきました。
    位置のズレを数種の条件で調べる実験をしています。そこで、右側へのズレをプラス、左側へのズレをマイナスとして分析しています。左側(マイナス)にズレが出たデータの場合の箱ひげ図が上手く作れず、非常に困っております。
    どうか、ご教授いただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

    • masaさん▶

      コメントありがとうございます。お役に立てて幸いです。

      「左側(マイナス)にズレが出たデータの場合の箱ひげ図が上手く作れず、非常に困っております。」とのことですが、実は私はマイナスのデータで箱ひげ図を作ったことがありません。

      お困りになっているのはどの時点ですか?最小値がマイナスになっているために、エラーバーが適切な場所に表示できないということでしょうか。

      もしそうであれば、以前この記事にコメントされているpowさんのコメントに解決策が含まれているかも知れません。

      引用させていただくと、「最小値がマイナスになると、下の誤差表示が成立しなのですが、そんな場合は、一次変換で全部の数値に定数を載せて全部整数になるようにすれば、誤差表示も含めてグラフを作れます」とのことなのですが、どのような作業をすれば実現できるのかは、私にはわかりません。

      お役に立てられず、誠に申し訳ありません。

      • ご返信頂き ありがとうございます。
        実験データは、ズレた位置が全て左側にあれば、最大値までもがマイナス表記になります。
        やっぱり この場合、マイナスを含めた箱ひげ図は難しいように思いました。
        以前コメントされていますように、全て整数で誤差表示してみたいと思います。
        それでも もしマイナスのままで出来る方法があれば ご教授いただけますと幸いです。
        よろしくお願い致します。

        • masaさん▶ふと思ったのですが、中央を0と考えると左にズレたらマイナス、右にズレたらプラスとなりますが、中央を100とすると左にズレた場合でも正の値になりませんか?そもそも考え方がマズかったら申し訳ありません。

          • ありがとうございます。
            なるほど ばらつきだけを示すなら いいかもしれませんね。
            ただ やはり中央値がどこなのかも示したいので、やはり整数に変換した方がいいなぁと思いました。
            いろいろありがとうございます。

  3. たすかった。

    • >kouiさん
      コメントありがとうございます。
      お役に立てて幸いです!

      • 感謝します~。助かりましたー
        ちなみに最小値がマイナスになると、下の誤差表示が成立しなのですが、そんな場合は、一次変換で全部の数値に定数を載せて全部整数になるようにすれば、誤差表示も含めてグラフを作れますので加筆しておきます。

      • 感謝します~。助かりましたー
        ちなみに最小値がマイナスになると、下の誤差表示が成立しなのですが、そんな場合は、一次変換で全部の数値に定数を載せて全部整数になるようにすれば、誤差表示も含めてグラフを作れますので加筆しておきます。

        • powさん>

          お役に立つことができて嬉しいです!しかも追加情報までいただきありがとうございます!最小値がマイナスになった場合には参考にさせていただきます!

*
DigiPress

Return Top