松本太一録

新・水10ドラマ「Woman」第1話を観て|やっぱ満島ひかりの演技はイイ!

新・水10ドラマ「Woman」第1話を観て|やっぱ満島ひかりの演技はイイ!

新・水10ドラマが始まりました。タイトルは「Woman」。主演は満島ひかり。好きな女優のうちの一人です。

新・水10ドラマ「Woman」
何度かCMを目にし、シングルマザーを題材としたドラマであることはわかっていましたが、第一話の内容は予想以上にヘビーでした。

愛する夫を事故でなくし、二人の子供を女手ひとつで育てる。二人の子供を抱えて電車に乗る。持つ場所もない満員電車。ベビーカーが動いて、それを嫌がるサラリーマン。泣き出す我が子。生活費を稼ぐために3つのアルバイトを掛け持ち。でも足りない生活費・・・。

この苦しい状況のシングルマザーを演じる満島ひかりの演技に感動しました。カメラがそこにあることを知らないんじゃないかっていうくらい自然。

僕が満島ひかりを好きなのは、演技がとても自然だからです。

たとえば、少し前に流れていたルナルナのCM「ある日の女優篇」とか。



ただ、このドラマの結末が全く予想できない。予想できなさすぎる。恋愛ドラマだと、誰と誰がくっついて幸せになるとか、ガリレオや潜入探偵トカゲみたいに一回完結型だと、謎を解くとか事件を解決するとかある一定の結末があるけど、このドラマはそういったある一定の結末を予測できない。

最後はきっと幸せになるのだろうが、どうなったら幸せなのか。お金持ちになることだろうか。二人の子供が幸せになることだろうか。実は小栗旬が生きていたとか?先が気になるんだけど、毎回こんな苦しい思いをするなら観るのを止めてしまうかもしれない。

このドラマの脚本は二期前に大ヒットしたドラマ「最高の離婚」の脚本を担当した坂元裕二氏。きっと予想もしない展開を用意してくれてるのでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top