松本太一録

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!

コウ ケンテツさんという料理研究家をご存じでしょうか?福岡RKB毎日放送の料理番組たべごころでイケてる料理を紹介するイケメン料理研究家です。その番組で紹介されていた「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」を実践してみたので、そのレシピと感想をレポートしたいと思います!今晩のおかずにいかがでしょうか!?

材料(二人分)

  • ナス 2本
  • トマト 1個
  • タマネギ 1/2個
  • 赤パプリカ、黄パプリカ それぞれ1/2個
  • ピーマン 1個

レシピ

所要時間:40~50分

1.ナスの皮をシマシマ模様に剥きます。ヘタは取らないように!ヘタを取ると後で痛い目を見ます!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
2.ボールに水と塩(大さじ1/2)を入れてよく溶かします。水の量はナスがつかるくらい。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
3.ナスが浮いてくるので重しを乗せます。適当なものがなかったので小鍋を乗せました!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
4.この状態で10分間置きます。

5.その間に、トマトを1cm四方のサイコロ型に切ります。いわゆるコンカッセですね。ピエトロでバイトしてた時、よくコンカッセを作っていたのを思い出します。

6.トマトのコンカッセをザルに入れて、塩をまぶします。後で見るので少々塩辛くなっても平気です。このまま5分間待ちます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
7. その間に、タマネギを薄切りに、赤パプリカ、黄パプリカ、ピーマンは下の写真のように切ります。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
8.フライパンにオリーブオイルを敷き、ニンニクで香りをつけながら、タマネギやパプリカ、ピーマンを炒めます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
9. ここまで5分くらいかかるので、ステップ6で作っておいたトマトのコンカッセを投入し、全体をなじませながら炒めていきます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
10.塩こしょうで味付けいくんですが、今回はクレイジーソルトを使って味付けしました。色んなハーブが入って、トマトと相性ピッタリ!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!

11.火を止めて粗熱を取った後、レモン汁で味を整えます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
12.ナスに戻ります。フライパンにたっぷりのサラダ油をいれます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
13.ナスを揚げていきますが、水気をきちんと取っておかないと、油が飛ぶので注意!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
14.無事に上げ終わったら、バットに移しましょう。余裕ぶっこいてたら若干焦げました・・・(涙

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
15.ナスを縦に切って溝を作ります。間違っても真っ二つに切らないように!ナスがまだ熱いので火傷に注意!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
16.ステップ11までで炒めた野菜を詰めます。余った野菜は捨てずにそのままにしておきましょう!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
17. ナスが収まるサイズの鍋に100mLの水を入れて沸騰させます。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
18. 詰めた(というか乗せた)野菜がこぼれないようにナスを沸騰したお湯のなかに沈めます。

19.蓋をして15~20分間蒸し煮にします。たべごころのレシピではこのまま蒸し煮にするようですが、「このままでは味が薄すぎるのでは?」という疑問を抱いたため、コンソメを半ブロック入れることにしました。

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!
20.出来上がりはこちら!ステップ16で余った野菜も乗せました!

「イマムも目を回す(トルコ風なすの蒸し煮)」という料理を実践してみた!

感想

美味しく出来ました。コンソメ入れてよかったと思いますが、コンソメ入れなかったらどんな味になるのか気になります。別の味が楽しめるのか、ただ単に味が薄くなるのか。次回試してみたいと思います。

ナスを揚げて、真ん中切って野菜を詰めて水で煮るっていうのは斬新で面白かったです。でも、口に入った後は、ラタトゥイユとどこが違うんだ?とも考えてしまいます。

ただし、見た目がなかなか面白いので、インパクトや意外性を重視した場合は使えるメニューかもしれませんね!

参考にしたサイト

冒頭でも書かせていただいた「たべごころ」という番組のホームページを参考にさせていただきました。オリジナルのレシピからパプリカやピーマンを入れたり、コンソメを加えたりと、一部改変しています。オリジナルのレシピは「たべごころ」のホームページをご覧ください!



 

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top