松本太一録

写真を高画質で圧縮するフリーソフトはCaesiumに落ち着いた

写真を高画質で圧縮するフリーソフトはCaesiumに落ち着いた

僕は写真を高画質で圧縮するのにフリーソフトCaesiumを使っています。このソフトがどんなソフトなのか、使い方、どのくらい高画質のまま圧縮できるのかレビューします。

僕はこれまで、オンラインWEBツールSimple Image OptimizerやフリーソフトJPEGminiを使ってきました。Simple Image Optimizerは1枚ずつしか圧縮出来ない上、オンラインサービスなので圧縮に時間がかかります。また、JPEGminiは無料版と有料版がありますが、無料版は1日20枚までしか加工できません。

こういった悩みを解決してくれたのが今回紹介するCaesiumです。このソフトは無料で手に入れることができ、起動も圧縮作業も軽いとても優秀なフリーソフトです。Caesiumを使い始めてから画像の圧縮作業が格段に楽になりました。

では、このソフトがどんなソフトなのか、使い方、どのくらい高画質のまま圧縮できるのかを解説していきます。

Caesiumのダウンロードはコチラ>>

Caesiumはこんなソフト


写真を高画質で圧縮するフリーソフトはCaesiumに落ち着いた

Caesiumは上図のようなインターフェイスをしたソフトです。2013/8/30の時点ではバージョン1.6.1です。
  1. 画像の情報を表示するエリア。もともと何Bなのか、圧縮されて何Bになったのか、何%圧縮されたのかなどが表示されます。
  2. 圧縮後の画質を調整できます。デフォルトでは80%に設定されています。100%に設定すると元のサイズより重くなってしまうことがあるので注意が必要です。
  3. 保存先を設定する欄。
  4. [圧縮開始]をクリックすると圧縮作業が開始されます。

画質を保ちながらどれくらい圧縮できるのか


では、実際にCaesiumが画質を保ちながらどれくらい圧縮できるのかを紹介したいと思います。

写真を高画質で圧縮するフリーソフトはCaesiumに落ち着いた

圧縮(軽量化)したい写真をCaesiumにドラッグ&ドロップします。写真リストに下に設置されている[プレビュー]ボタンをクリックすると、どのくらい圧縮されるかが表示されます。品質を80%に設定すると、だいたい60~65%圧縮されます。

さらに、画面右下の[自動プレビュー]にチェックを入れると、圧縮後の写真が表示されます。ご覧のように、圧縮前後でほとんど画質は落ちません。あとは[圧縮開始]ボタンをクリックすれば、圧縮作業が始まります。

まとめ


Caesiumは画質を落とさずにサイズ(重さ)を軽量化するのにとても有用なフリーソフトです。このソフトは起動も速いし、圧縮作業もあっという間に完了してくれます。

ブロガーにとって写真や画像の軽量化は必須の作業です。なぜなら、サイトの表示速度は検索結果の順位に影響するからです。同じクオリティーの内容が書かれたページが2つあったとして、より速く情報を提供できた方がインターネットユーザーは快適に情報を集められますよね。

また、ブロガーでなくとも日常的に写真を撮る方も多いのでは?撮った写真を外付けのハードディスクに移す前に圧縮しておくと、同じ容量のハードディスクでも、よりたくさんの写真を保存できます。

今まで画像の重さを気にしていなかったブロガーさんや日頃から写真をとってどこかに保存する習慣がある方はぜひ試してみてください。この作業をするのとしなのとでは大きな差が出るはずです。

Caesiumのダウンロードはコチラ>>

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top