松本太一録

副作用もなくガンを直撃する”トロイの木馬”が画期的だと話題に!

副作用もなくガンを直撃する”トロイの木馬”が画期的だと話題に!

東洋新聞の「世界で戦うためのサイエンス」という連載で、高分子ミセルを使った新しいがん治療の技術が紹介されていたので情報を共有します。
これまでのガンに対する化学療法は、抗ガン剤を投与して、増殖スピードの速いガン細胞を死滅させるというものでした。しかし、この治療法には問題点があります。ガン細胞だけではなく、正常な細胞にまでダメージを与えてしまうという点です。
副作用もなくガンを直撃する"トロイの木馬"が画期的だと話題に!
これを解決するために、近年、「分子標的薬」と呼ばれる抗ガン剤の開発が盛んに行われています。この種類の薬は、ガン細胞だけが持っているタンパク質にくっついて、ガン細胞だけを死滅させようとする薬です。しかし、うまくいっているのは数えるほどしかありません。

今回話題になった”トロイの木馬”はこういった状況を打ち破るのでは?と期待されています。

東京大学大学院工学系研究科・医学系研究科の片岡一則教授は、抗がん剤を入れて使う、粒径10万分の3ミリメートルというウイルスサイズの極小カプセル、その名も「高分子ミセル」を開発しました。
治りにくいガンに効果があり、抗がん剤の欠点も克服できる治療法として、世界的な注目を集めています。(東洋新聞より抜粋・一部改変)

簡単にいうと、「抗ガン剤を小さな小さなカプセルにつめこんで投与する」ということです。こうすることでガン細胞だけに抗ガン剤を届けられるそうです。

副作用もなくガンを直撃する"トロイの木馬"が画期的だと話題に!

抗ガン剤を中に包んだ高分子ミセル(日本化薬のHPより転載)


しかも、副作用がほとんどないらしい。冒頭で少し説明した分子標的薬も、ガン細胞しか持っていないタンパク質をターゲットにしていると言えど、やはり副作用は出てしまいます。

なぜ副作用がでないのか

それは、高分子ミセルが優れた薬の運び屋で、抗がん剤をがん組織にだけ届け、正常細胞にはまったく影響を与えないからです。

高分子ミセルが血液に乗って体内を巡るとき、正常細胞の組織はそのまま通過します。一方、ガン組織では毛細血管の壁がスカスカになっており、高分子ミセルが隙間からがん細胞に侵入するのです。

ミセルは、ガン細胞内ではじけ、抗がん剤を集中投下します。この方法だと通常投与の10倍もの抗ガン剤がガン細胞に集積するため、効き目が強力なのです。

抗ガン剤の毒性による副作用が起きないのは、高分子ミセルがガン細胞だけを狙い撃ちするからです。

高分子ミセルに包まない従来の方法では、ガン細胞だけでなく、正常細胞も無差別攻撃していたため、嘔吐や脱毛などの激しい副作用が起きていたのです。

(東洋新聞より抜粋・一部改変)

「がん組織では毛細血管の壁がスカスカになっている」ということを利用しているんですね!
副作用もなくガンを直撃する"トロイの木馬"が画期的だと話題に!
ガン細胞に入って、中ではじけ抗ガン剤を撒き散らすことから、ギリシャ神話に登場する「トロイの木馬」という愛称が付けられているようです。

実際に効くの?

5年生存率が10%以下で「難治がんの中の難治がん」として知られる膵臓ガン。

早期発見が難しく、発見時にはすでに転移し、手術ができないことが多いのが現状です。

手術ができたとしても、膵臓は脂肪組織のような外見で境界があいまいなため、手術には困難が伴います。

そのため、抗がん剤を用いた化学療法が中心となりますが、通常の投与では、抗がん剤が血中に拡散してしまううえ、膵臓ガンは繊維組織が多いため、頼みの綱の薬が届きにくいという問題を抱えています。

ところが、高分子ミセルに抗がん剤を詰めて患者に静脈注射し、がん細胞に送り届けると、効き目は劇的。通常の抗がん剤治療では3カ月程度だった生存期間が、1年以上に大幅に延長される例が出ています。

膵臓ガンをはじめとする色んなガンへの高分子ミセルを使った治療は、実用化に向けて着実に歩を進めています。

例えば、パクリタキセルという抗がん剤を使った再発乳ガン、シスプラチンを使った膵臓ガン、SN-38を使った大腸ガンなどの臨床試験が、片岡教授の下で進行中です。

(東洋新聞より抜粋・一部改変)

すでに臨床試験も始まっているんですね!しかも治りにくいガンとして有名な膵臓ガンに高い効果を発揮しているなんて!

この記事を読んだ感想

僕は現在、多発性骨髄腫を中心に血液ガン(白血病と言ったほうがわかりやすいかもしれません)に対する新しい薬を作るために日夜研究を重ねています。僕も副作用の少ない(願わくば、ない)ガンの治療薬を開発したいと思っています。

今回の技術は、膵臓ガンや乳ガン、大腸ガンのような、いわゆる固形ガンをターゲットにしたものです。固形ガンの場合、ガン細胞の増殖に対して血管を作る作業が遅れてしまい、血管がもろかったり、不規則にできたりします。高分子ミセルはこういったガン周辺の血管のモロさを利用したわけです。

では、僕が研究している血液ガンではどうなんでしょう?僕がターゲットにしているのは、血液の中を巡っているガン細胞、もしくは骨髄の中にいるガン細胞です。これらの細胞を死滅させるのに「ガン周辺の血管のモロさ」を利用することはできません。やはり血液系のガンには、ガン細胞だけを殺せる副作用のない分子標的薬が必要のようです。

今回の片岡教授の画期的な開発を報じる記事は大いに僕の研究意欲を刺激しました。今はまだまだ基礎研究段階ですが、いつか僕たちが開発した薬が一人でも多くの患者さんを救えるように頑張りたいと思います。

参考にしたサイト

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 名無しのリーク

    香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

*
DigiPress

Return Top