松本太一録

PubMedの日本語版が登場!?

PubMedの日本語版が登場!?

PubMedはNCBI(米国国立医学図書館国立生物工学情報センター)が運営する世界中の医学・薬学・ライスサイエンス関連の論文や文献をリアルタイムで収集し公開しているウェブツールです。ライフサイエンス研究者のほとんどは日常的に使っているサイトだと思います。

これまでPubMedは英語にしか対応していませんでしたが、株式会社ロゼッタは9月17日、「ついに、PUBMEDの日本語版が登場した!」かのように見えるサイトを公開したと話題になっております。実際に使ってみたので感想をレビューします!

NCBIが日本語版をリリースしたわけではなく

正確には当サイトはPubMed日本語版ではなく、弊社が開発している翻訳機のお試し訳サイトとして公開します。機械翻訳による訳文なので完全に正確とはいえませんが、一見日本語サイトに見えるくらいに自然な日本語になっています。

日本語のままキーワードを入れて検索すると、情報サイトのような膨大な量の検索結果が返ってきます。現在表示しているのは25万論文で、PUBMED本体サイトの直近約6か月分に相当します。今後も月間10万論文ペースで増やしていく予定です。

当サイトはあくまで弊社が開発している翻訳機のお試し訳サイトであり、正式な情報を提供するサイトではございませんので、当然、完全無料、会員登録も不要でご利用いただけます。

本リリースについてのお問合せ

株式会社ロゼッタ 広報担当

TEL:03-6859-1510

E-MAIL:info@jukkou.com

つまり、PubMedを翻訳機にかけて日本語に出力しているということでしょうか。

実際のサイト

こちらがNCBIが運営するPubMed本家

PubMedの日本語版が登場!?

それに対して、こちらがロゼッタ株式会社が公開している翻訳版PubMed

PubMedの日本語版が登場!?

おお!デザインが全く崩れていない!

でも問題はお目当ての論文にアクセスできて、アブストラクトがちゃんと読めるかが問題。

検索窓には日本語で入力せよ。よいうことなので、はりきって日本語入力してみます。

PubMedの日本語版が登場!?

んで[検索]ボタンをクリックすると以下のページヘ。

PubMedの日本語版が登場!?

ちなみに本家の検索結果はこちら。

PubMedの日本語版が登場!?

論文の検索結果の表示は本家とは違ってますね。左右の両サイドバーは表示されません。Google Scholarの検索結果ににているような。

どれどれ、適当にどれかアブストラクトを読んでみましょう。

PubMedの日本語版が登場!?

おお!読めるよ!意外とすんなり読めるよ!

もっと不思議な日本語を繰り出してくるのかと思ったけど、全然理解できます!

論文探しに英語の高い壁を感じている方、文献探したいけど今日は英語を読む気力がないという方は試してみてはいかがでしょうか。意外とのめり込んでやる気が復活するかもしれませんよ!

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top