松本太一録

WordPressの教科書2・レビュー|WEBド素人は買うべからず

WordPressの教科書2・レビュー|WEBド素人は買うべからず

こんにちは。Taichi Matsumoto(@taichix83)です。僕は、今年の目標としてオリジナルのWordPressテーマを作ることを掲げています。

当初はインターネット上にある情報だけで勉強しようと思ったんですが、パソコンの画面上だけで勉強すると頭に入りにくかっったので、何かイイ参考書はないものかと本屋さんを物色していたら、「WordPressの教科書」という、まさに!なタイトルが付いた本を見つけました。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書2

さらにこの書籍、

ジュンク堂書店池袋本店で開催された『新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2014年版』で『WordPressの教科書』が2013年総合ランキングの8位に、『WordPressの教科書2』も8月と9月のベスト5にランクインしました!(本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書・Facebookページより転載)

ということなので、早速購入して実践してみることにしました。

WordPressの教科書2を買う直前の僕のWEBサイト制作スペック

実践した感想を書く前に僕のスペックをご紹介しておきます。
  • WordPressの管理画面には慣れてる。
  • HTMLは読み書きできない。
  • スタイルシートも読み書きできない。
  • WordPressテーマにはPHPという言語が使われていることは知ってるけど、読み書きできない。
こんな感じです(汗)要するにWordPressの管理画面を触ってことある以外にWEBサイト制作に触れたことがないってことです。

実践してみた感想は、結論からいうと、「WEBサイト制作ド素人はWordPressの教科書2は買うべからず」なんですが、いいところもあります。まずはそちらから紹介します。

[Good]ゴールに向かって作業できる

WordPressの教科書2では、アジアパシフィック旅行会社(架空)からWEBサイト作成の依頼が来て、その依頼通りにサイトを作っていくというレールが敷かれています。なので、ゴールを見失うことなく作業を進められます。

[Good]作業環境の構築は丁寧に解説されている

この教科書では、Microsoft Azureの無料評価版を使ってサーバー環境を作ります。ぼくはこれまでXAMPPを使ってローカルに環境を作ったことしかなかったですが、解説通りに進めれば、Microsoft Azureで実際にサーバーにWordPressをインストールしている状態をつくり上げることができます。

この本はWindowsユーザー向けに書かれた本ですが、Macを使っている人も環境構築できるように丁寧に解説されています。




こんな風に(・∀・)イイネ!!というところはたくさんあります。でも、「WEBサイト制作ド素人は「WordPressの教科書2」は買うべからず」と思うのは以下の点です。

[Bad]ド素人には専門用語が多すぎる

上でも述べたように、僕はWEB制作ド素人です。HTMLに関する知識はほとんど皆無です。そんな人がこの本に取り組むとどうなるか。今やってることが何をやっているのか全くといっていいほど理解できません

指示通りにphpファイルを修正することはできます。でも修正したことが何を意味するのか理解できません。

いつしか、とにかく最後まで行かなければいけないという義務感に駆られて、修正に失敗しても、正しく修正されたファイル(無料で配布されている)をサーバーにアップして終わりという悪いサイクルに入ってしまいました。

まとめ

「WordPressの教科書2」は企業向けのコーポレートを、実際に依頼があったと仮定して、PCならびにスマホ向けの企業サイトと社長のブログサイトを構築していく過程をステップ・バイ・ステップで解説していくという内容です。

ゴールが決まっているので、ひとつひとつ丁寧にこなしていけばWEBサイトは完成します。

しかし、これらの解説はHTMLやPHPをまったく知らない者にとっては理解するのに苦労します。というか理解できません。理解できなければ使える知識にはなりません。

僕なりに理解しようとは努力しました。446ページに渡るブ厚い本なので、章ごとに切り分けて、わからないところは何度も読み返しましたが、どうしてもダメでした。

WordPressの教科書2・レビュー WordPressの教科書2・レビュー
この本はHTMLやPHPの知識がある方にとってはとても有益な教科書なのかもしれませんが、WEBサイト制作ド素人にはハードルが高すぎます。

というわけで、遠回りになるやもしれませんが、HTMLから勉強し直すことにしました

僕と同じようにこれまでにWEBサイト制作にまったく触れてこなかったけど、オリジナルのWordPressテーマを作ろうと、「WordPressの教科書2」を手に取ろうとしている方は注意が必要です。

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top