松本太一録

キッチングッズ「アピュイ・マルチスタンド」が多機能すぎて凄い!

キッチングッズ「アピュイ・マルチスタンド」が多機能すぎて凄い!

料理する時、鍋蓋や菜箸、お玉なんかを使いますよね?鍋蓋はたまに鍋から外すし、菜箸やお玉はずっと手に握っているわけにもいきません。みなさんは、こういった道具をどこに「仮置き」しますか?

僕は今まで小皿の上にこれらの道具を仮置きしていました。鍋蓋に至ってはキッチン台の上に直接置く始末。これでは衛生的によくないですよね。こういった悩みを解決してくれる衛生的でスタイリッシュなキッチングッズを探していました。

お玉を小皿に置く
そんな折、ロフトで僕の願いを叶えてくれるどころか凌駕してくれるキッチングッズ「APYUI Multistand(アピュイ・マルチスタンド)」に出会いました。このグッズの便利さを存分にご紹介したいと思います。

アピュイ・マルチスタンドとは


アピュイ・マルチスタンド
コチラが「アピュイ・マルチスタンド」です。一見、何の変哲もない家の形をしたオブジェのようにも見えますよね。しかし、このグッスは溢れ出んばかりの機能を持っているのです!

機能


ではこの何の変哲もなさそうなキッチングッスの機能を見て行きましょう。

鍋蓋置きになる


まずは一番使うであろう機能。鍋蓋置きになります。屋根の部分を下に付けておけば、水滴が垂れても大丈夫!

アピュイマルチスタンドに鍋蓋を立てる

調味料ラックになる


調味料はどこに保存していますか?専用の調味料ラックに保管している方がほとんどでしょうか。我が家でもそうしてます。でも料理を作るときに使う調味料は数種類だけなので、料理を始める前に使うものだけを料理台の上に集めます。

料理台の隅にかためて置けばいいのですが、できれば整理整頓して置いておきたいですよね。アピュイ・マルチスタンドがあれば、スタイリッシュにまとめておくことが出来ます。

調味料だけでなく、食材のちょっとした仮置き場としても活用できます。特に卵なんかはキッチン台の上に置いてると、知らないうちにコロコロ転がって排水口に転げ落ちた。なんて経験ありませんか?アピュイ・マルチスタンドがあれば、そんなことに神経を使うこともなくなります。

アピュイマルチスタンドにスパイスや食材を仮置きする

ペットボトルやキャップの水切りになる


たまに出てくるペットボトルのゴミ。ジュースなんかを飲んだ後、そのまま捨ててしまうとアリの大群に襲われたなんて経験ありませんか?僕はかつて部屋の中にアリの行列を作らせた経験があるので、捨てる前には必ず洗うようにしています。

さて、洗った後のペットボトルはどうやって干しますか?洗い物カゴで干してるという方がほとんどでしょうか。でもペットボトルって形が丸いので洗い物カゴの収納効率を下げてしまう印象があります。

アピュイ・マルチスタンドの四角い窓はペットボトルの口がピッタリ収まるようにできていて、逆さまにして乾燥させることができます。キャップの感想には屋根の部分を取り外して使うと便利です。

アピュイマルチスタンドでペットボトルを乾かす

フライ返しなどの調理ツール置きになる


我が家の朝食に高頻度で登場する目玉焼き。僕は表も裏も焼くことがよくあるんですが、その合間にフライ返しを置いておく場所としてアピュイ・マルチスタンドを活用してます。

スリット部分が横向きになるようにアピュイ・マルチスタンドを設置しておけば、フライ返しを置くのにちょうどいい!

アピュイマルチスタンドにフライ返しを置く

お玉や菜箸のスタンドになる


これこそ僕が望んでいた機能!お玉と菜箸を安定しておける機能です。アピュイ・マルチスタンドを逆さまに置けばカゴのようになりますので、味噌汁などの汁物を料理する時に使ったお玉や、野菜炒めで使った菜箸などもポイポイ置けてしまいます。小皿に丁寧に並べていたあの頃とはもはや異次元!

アピュイマルチスタンドにお玉や菜箸を立てる

レシピ本立てになる


この機能には目からウロコでした。今までレシピ本は台の上に置くものとばかり思っていました。台の上に置くと角度的に見づらいですよね。アピュイ・マルチスタンドは料理道具立てだけではなくてレシピ本立てとしても威力を発揮します!

アピュイ・マルチスタンドにレシピ本を立てる

まとめ


一見ただの家の形をしたオブジェのように見えますが、そこには溢れ出んばかりの機能を秘めていることがおわかりになっていただけたのではないかと思います。

あまりにも多機能すぎてその機能を遺憾なく発揮するには1台では足りません。せめてもう1台、願わくばもう2台あると料理がもっとはかどる気がします。無理やり置けばこんな感じにも使えますが・・・

アピュイマルチスタンドを無理やり活用する
もし、料理中の道具の置き場に悩んでいる方はぜひぜひ試してみることを強くオススメします!!

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top