松本太一録

最近巷で話題の福岡市城南区のカレー屋さん「オカノカリー」に行ってみたのでレポートする

最近巷で話題の福岡市城南区のカレー屋さん「オカノカリー」に行ってみたのでレポートする

福岡市城南区の七隈駅と金山駅のちょうど中間あたりにカレー屋さんができたのは以前から知っていました。ただ、普段はあまり通らない区域なので、気にはなりつつも行けていませんでした。ところが最近、そのカレー屋のいい口コミを耳にすることが多くなりました。たくさんの雑誌にも取り上げられていました。そんなオカノカリーに行ってきたので、レポートします。

平日は行列ができると聞き、もしかしたら休日のランチもならぶのでは?ということで、開店とほぼ同時にお邪魔しました。予想とは裏腹に、僕らはこの日の一番乗り。ナチュラル系の内装とボサノバのおかげで癒し系の店内。スパイスの香ばしい香りが店内に充満していて、食欲を掻き立てます。

オカノカリーの店内
下の写真はメニューです。5種類のチキンカレー、3種類のキーマカレー、3種類のハヤシライス、2種類の焼きカレー、メンチカツカレーという構成。奥さんはこの日、野菜を欲していたらしく、「半日分野菜とスパイシーチキンカレー」を、僕は雑誌に掲載されていた「スパイシーラム肉のキーマカレー」を注文しました。

僕が見た雑誌には、「黒蜜きな粉プリンもオススメ」と紹介されていました。好きなカレーと黒蜜きな粉プリン、それからコーヒーか紅茶がセットにできて¥1,000ということで、黒蜜きな粉プリンとオーガニックコーヒー(ホット)のセットにしました。オカノカリーでは辛さを5段階から選べます。今回は「2」でお願いしました。店員さん曰く、「2」までが中辛だそうです。

オカノカリーのメニュー
待つこと15分・・・

オカノカリー・半日分野菜とスパイシーチキンカレー
こちらは、奥さんが頼んだ「半日分野菜とスパイシーチキンカレー」。とにかく野菜の色がキレイ!これは女性は好きそう。カレーはサラサラ系です。手羽元の柔らかさが半端ない!スプーンでちょっと触ったらホロホロって・・・。軟骨ももっちり柔らかくなってました。圧力鍋なのか?時間をかけて煮たのか?どちらにせよ、僕が一昨晩作った手羽元カレーとは雲泥の差。プロにはやはり勝てません。見た目は辛そうに見えないと思いませんか?でも結構スパイシー。オカノカリー・スパイシーラム肉のキーマカレー
こちらは僕が頼んだ「スパイシーラム肉のキーマカレー」。ラム肉のミンチがゴロゴロしてて美味しそう~!こちらは見た目から辛そうですよね。実際にかなりスパイシーです。もともと辛さに弱い僕ですが、最終的に、お酒を飲んだ時のように顔が赤くなり、汗だくになりました。このカレーの気に入った点は味もさることながら香り。ラム肉って少しクセがあるじゃないですか。ラム肉が嫌いな人は匂いがダメという人が多いですよね。このカレー、ラム肉の香りは残ってるんですけど、色んな種類のスパイスが、ラムの香りを上手く引き立てているように感じました。決して香りを消そうとはしてなくて、ラムの香りが生かされてる感じがしました。

オカノカリー・黒蜜きな粉プリンとオーガニックコーヒー(ホット)
汗だくになった後はデザートタイム。黒蜜きな粉プリンとオーガニックコーヒー(ホット)です。プリンの色は白かった。牛乳プリンでしょうか?黒蜜が濃厚。何か隠し味があるような気がしましたが気のせいでしょうか。とても美味。それから、コーヒーが猛烈にうまい!豆にこだわってるんでしょう。ただし、豆がいいからといって上手く淹れられないとコーヒーは美味しくありません。ドリップの技術も高いんでしょう。どちらにせよ、僕が朝淹れたコーヒーとは雲泥の差。感服いたしました。

いかがでしたか?この内容で¥1,000。いやいや、僕的には、コーヒーとプリンだけ¥1,000取れるでしょという感じですが。さすが、周りの人が「オカノカリーはオススメ!」と口を揃えるほどです。大満足なランチタイムでした。カレー大好き!という方はぜひとも足を運んでみるべし。

URL :
TRACKBACK URL :

*
DigiPress

Return Top